プロフィール

Author:K
普通のごく平凡な会社員です。
よろしくお願いします。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ採卵

何度か病院に通院して排卵誘発に向け頑張る妻ですが、
お腹が結構張ったり、やはり副作用も弱くは無いようでこちらも気が気でありません。
  

正直、妻は何度も病院に行っているのに今まで私は一度も病院には行っていないのです。
車で病院まで送ることはあっても中に入ったことはありませんでした。

  
そういう意味では、直接夫にできることって結構限られているのかと思います。
何か不安を訴えた場合、一緒の気持ちになる。
辛そうにしていたらどうしてほしいかを察する。
これだけしか出来ません。
 

 
その中で、いよいよ採取の日を告げられて妻は病院から帰ってきました。
注射をしてもらいにそれまでの間妻は何度も通院しました。
普通に仕事をしている訳ですから、これは本当に大変な事です。
朝病院に行って注射、夜仕事帰りに病院に寄って注射とか。
  


会社には説明しないですよね。
そういった状況下でやらなければならないんです。
  


妻なりのプレッシャーもあったんだと思いますがそれにしても副作用で辛い中本当に頑張ってくれました。
   


採卵は、朝病院が空いた時間に予約をしてすぐに始めます。
その日は私も同行します。
会社には朝少し遅れることと、午後から半休をもらう旨を伝えました。
さすがに不妊治療で。。。とは言えないので適当な理由で誤魔化しました。
 
 
私が同行した理由は、私の精子もそこで提出しなければならないからです。
   

当日の詳しい内容は次回に
続く。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://badboys.blog66.fc2.com/tb.php/7-521462f5

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。