プロフィール

Author:K
普通のごく平凡な会社員です。
よろしくお願いします。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精子の採取

スクリューキャップのついた幅広の容器を渡されます。
大きさは200ccくらいかな。


看護師さんは機械的に淡々と説明します。
その佇まいは、あるいは冷たい事務的な感じです。
 
気を使ってそうしているのかどうかは分かりませんが明らかに不安な気持ちでいる自分にとってそれはかなり嫌なものに映りました。
 
「とりましたら、フタをして、この扉を開けてください。
扉を開けたらマジックがおいてありますので、ここの奥さんの名前を書いて下さい。
わかりましたか?」


「・・・はい・・」

扉というのは通路の壁にある小さな額縁のようなもので、取っ手を開けたら棚がありました。
 


「じゃあ、付いて来て下さい」

そのまま看護師さんの後について階段を登ります。


あるお部屋の前に来たらまた説明が

「この部屋の中で、採っていただきます。
中から鍵をかけることが出来ます。
終わったらこの鍵をかけて容器をさっきのところまで持ってきて下さい。
そしたらまっすぐ帰ってくださって結構です。
奥さんのほうは午後1時には帰れますので、当日の結果を確認するのであれば1時に受付に来てください。」

といかにも事務的な早口で言われて鍵を渡されて、階段をタタタっと看護師さんは降りて行ってしまいました。
 
時間は朝8時10分です。


扉を空けて、部屋の照明を付けました。

部屋は畳3条くらいでしょうか。

リクライニングシートと洗面台。

そしてティッシュ。

棚には、品の無いエロ本が10冊ほど。


これ。。誰の趣味??

いかにも下品な、モデルがどうしょうもないようなエロ本です。

まぁ。いいです。

けどなんか馬鹿にされた気分。

「ここの先生の趣味なん?
そして看護師さんはみんなこんなの見て旦那さんら喜んで興奮すると思っているのかな。。。」

そう思うと、結構ムっとしてしまいました。

未亡人なんとか、、とか。緊縛コレクションとか、そんな感じの写真雑誌。
 
情けない気持ちの中で、早々と済ませ部屋を後にしました。
 

会社まではそんなに遠くはなかったのですが、どのくらいの時間がかかるのかわからなかったので、朝1時間くらい遅刻すると言っていたのですが、始業時間に間に合いました。
 

続く。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://badboys.blog66.fc2.com/tb.php/9-973b0f34

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。